比較的簡単に取れて、しかも趣味にも最適な民間資格をご紹介しています。

資格を取ろう! ホーム > 民間資格3

趣味にも最適な資格

学芸員

民間資格で趣味としてお勧めの資格と言えば、「学芸員」の資格がまず一つ目に挙げられます。

なぜ、「学芸員の資格」が、趣味にお勧めなのでしょうか。
まず、学芸員の資格があれば、憧れの美術館などで求人があった場合には、ほぼ間違いなく「学芸員の資格を持っている人のみを求人募集」とされていることが多いため、好きな美術館などで働けるチャンスが増加します。

それでは、学芸員の資格の取得には、どのような方法があるのでしょうか。
これには、まずは、大学での取得が目安になります。通信でも取得は可能ですが、大学の場合には、授業数が多いので、そこから取得する方法が、最も早い、とされています。
また、なぜ学芸員の資格が趣味にお勧めの資格であるのか?というと、発掘などの調査を依頼されることもあり、このようなことが大好きな人にとっては、とても嬉しい資格であり、同時に資格がなければ、発掘そのものが出来ない、という仕事もあるためです。
そのため、外での作業、古代遺跡などの発掘などのように、どきどきわくわく、としたものが大好きな人には、この上なく嬉しい資格となっています。

図書館司書

この他にも「図書館司書」の資格もお勧めです。
こちらは、本が好きな人にとっては、より、多くの書籍を知るチャンスにもなることが出来ます。
また、今まで自分が知らなかったジャンルの本を知ることが出来るため、とても嬉しい資格となります。
お客様との会話が好きな人や、本の整理整頓をすることが大好きな人にも、とてもお勧めのものとなっています。
ところで、「図書館司書」の資格を取得するためには、どのようにしたらいいのでしょうか。
これにはまず、短大などで図書館司書の資格を取得出来る短大または大学を探すことが、最も早い方法です。
なぜならば、実習先などについても、大学または短大が紹介してくれるケースがあるため、自分自身でお願いを依頼しなくても、助かるケースが多いからです。
実際に、大学や短大で取得した人が、取得出来なかった、というケースというものは滅多にありません。
余程に授業をさぼっていたか、または何かのトラブルを起こした、ということ自体以外には、ほぼあり得ないとされています。
もう1つの方法として、これも図書館司書の資格と同じように、通信での取得、という手もあります。
こちらは、働きながら、取得をしたい、という方にはとてもオススメとなっています。
どちらも、趣味にお勧めの資格となっていますが、実際に就職をする際には、地域によってはかなりの倍率となるため、その点に注意が必要です。