比較的簡単に取れて、しかも就職などに役に立つ民間資格をご紹介しています。

資格を取ろう! ホーム > 民間資格1

いろいろな資格

近年では資格ブームということもあり、多くの人が様々な目的で資格取得の勉強をしています。
資格を有していれば、就職や転職に役立つものや、自己啓発におけるスキルアップや評価アップなど様々な場面で役に立つので、時間やお金に余裕がある人などは積極的に勉強するようにしましょう。
資格には国家資格と民間資格があり、国家資格の方が優遇されやすい傾向にあります。
ただし、どれも取得するためには時間やお金がかかるものばかりなので、相当の努力を要します。
対して民間資格は、国家資格に比べると評価は小さくなりやすいですが、比較的簡単に取れるものも多く、またビジネスなどの基礎として必須なものもあるので、受験者数は多いです。

三大難関試験

次に各資格を見ていきます。日本には三大難関試験とよばれる3つがあり、それは司法試験、国家公務員試験、公認会計士試験です。
これらは通常、何年も専門学校などに通い、その中の数パーセント程度しか受からない難しい試験です。
しかし、取得することができればそれ相応の仕事や収入を期待することができるので、目指す人は相当な覚悟を持って挑むようにしましょう。
三大難関試験程ではないけど、それに準ずる難易度の試験もたくさんあり、たとえば司法書士試験や中小企業診断士試験、弁理士試験や税理士試験などが挙げられます。
興味がある人は是非挑んでみましょう。

比較的簡単に取れる資格

比較的簡単に取れる資格も紹介しておきます。
各級ごとに難易度は変わりますが、ビジネスなどの基礎を学ぶことができる人気の資格として、簿記検定が挙げられます。
簿記の知識はビジネスマンだけでなく、すべての社会人において大切な知識なので、積極的に勉強するようにしましょう。
また、宅建やファイナンシャルプランナー、危険物取扱者やパソコン利用技術検定なども、社会人だけでなく趣味として取得する人が多いです。

技術系の資格も数多く存在し、電気工事士や一級建築士、ボイラー技師やエネルギー管理士などが挙げられます。

民間資格

さらに最近では健康ブームということもあり、野菜ソムリエ、薬膳コーディネーターなど、食や健康に関する民間資格も人気を集めています。
ワインや日本酒などお酒に関する資格もあります。
アロマやハーブなどの資格もあり、これらは民間資格として知られています。
資格は一種のスキルに過ぎないかもしれませんが、より多くの使える資格を取得することにより技術が磨かれるだけでなく、自信もつくようになります。
特に経済状況が宜しくない世の中では、自分の力を磨いていくことで周りに流されないようになっていきます。努力を怠らないようにしましょう。