国家資格の中でも比較的簡単に取れるものをご紹介します

資格を取ろう! ホーム > 国家資格2

比較的簡単に取れる国家資格のご紹介

国家資格として、就職や転職に役立つ資格と言えば、まずは、「准看護師」の資格が、比較的簡単に取れる資格となっています。
准看護師の場合には正看護師とは異なり、下に見られてしまう傾向も職場によってはありますが、それでも国家資格であると同時に、現在の日本では「深刻な看護師不足」と言われている日常であるため、転職などにはとても助かる資格です。

さてその准看護師の資格の取得方法ですが、どのようになっているのでしょうか。
この場合にはまず、2年制で准看護師の資格を取得することが出来る専門学校などに通うことです。
無事に2年勉強した段階で国家試験を受けることが出来るため、このような形で准看護師になることが出来ます。

一方で最初から正看護師を最初から目指すという手もあります。
まず正看護師になるための方法ですが、4年制の大学、看護系の大学を卒業するかまたは3年制の専門学校を卒業するか否かによって正看護師になれるかどうかが決まっています。
基本的にエリートとされる国立大学出身、卒業生の正看護師さんは、将来的に看護婦長さんになるなどのかなり選ばれた存在です。
そのため、とても出世をしたい!ということであれば、一から勉強をしなおして国立大学を目指す、という手もあります。
国立大学の場合には全般的に言えることですかなりの難関となっているため、もともと優秀な大学を出ていないと、受験に合格することは相当厳しいとされています。
ただし、エリートコースなので、バリバリ働きたい、という希望をお持ちの方にはお勧めのコースとなっています。

正看護師の方が給料は良い

そして、正看護師と准看護師の給与についてはどのように違うのでしょうか。
これについては、当然のことながら、正看護師の方が、看護について学んできた期間が大きいため、給与は正看護師の方が多めにもらえる、という現状になっています。
そのため、やはり准看護師の資格をとったものの、正看護師になるために、再度勉強などをする、または試験などのために受験勉強をする、という方はとても多いです。

また、こちらの資格は主婦になってからでも取れるものなのでしょうか。
准看護師の資格は国家資格でありながら2年間の看護の勉強をすれば取得することが出来るため、その間にお子さんなどをご実家で見ていただいている、などのことが可能であれば十分に主婦の方でも取得できる資格となっています。
また、実際に経済的な苦しさから、資格を取得しようと頑張っている主婦の方も多いです。