比較的簡単に取れ、しかも役に立つ国家資格をご紹介しています。

資格を取ろう! ホーム > 国家資格1

比較的簡単に取れる国家資格

資格には、大きく分けて、国家資格のほか公的資格、民間の資格があります。
資格の中には難関資格と言われるものあり、場合によっては取得までに数年かかるものもあります。
また、そもそも受験のための資格を必要とするものがあり、その分、難易度が高くなる資格もあります。 現代では、就職や転職に役立つ資格を取りたいと考える人も増えています。
もちろん、仕事をしながら、あるいは家庭との両立を保ちながら受験勉強をすることには、大なり小なり、困難が伴うものです。
しかし、比較的簡単に取れる国家資格もあります。
就職や転職に役立つ資格を取得したい場合は、自分の経験や就きたい仕事に関係する資格を目指すことになるでしょう。 国家資格の中には、法律関係、経済分野、理系の資格などさまざまな資格がありますが、自分が進もうとする分野に合ったものとして考えてみるとよいでしょう。

就職や転職が有利になる国家資格

例えば宅地建物取引士などは不動産関係の企業では、その取得は有利なものになると言えます。
また、電気関係にはいくつかの種類がありますが、工場や空調設備関連の企業等では有利な資格になります。
同様に危険物取扱関連などありますが、それぞれに難易度によって合格率も変わっています。
どの資格試験でも、段階があるものなら比較的難易度の低いものから挑戦していくのもよいのではないでしょうか。
一方、受験資格を必要とする資格がすべて簡単には取れないというわけではありません。
例えば、実務経験などの受験資格が必要とされる資格の中に、介護福祉士その他の資格ありますが、すでに介護等の仕事に就いている人は、その経験を生かして介護福祉士やそれより上位の資格を目指すことも選択肢の一つとなります。
同じ分野での転職では、一般的にはハードルが高くても、取得を目指すことが比較的簡単にできるものもあります。

講習を受けるだけで取れる国家資格

さらに、国家資格の中には、試験を受けるのではなく、決められた講習を受けるだけで取得できるものもあります。
講習と実技という組み合わせのものもありますが、これらも、自分の現在の職業や希望する職種などによっては、比較的簡単に取れる資格となります。
このように、国家資格というとすべてが難関資格だというわけではありません。
自分の経験や状況、希望に沿ったものを選び、今後の就職や転職に生かせるようなものを目指すことが大切です。
まずは、希望の分野を絞り、その上で級などの段階があれば、下位のものから挑戦し、上位を目指すのもよいのではないでしょうか。